Win10 Creators Updateを試す

シェアする

2017/12/16未解決事件メモ

普段使っているブラウザEdgeはモッサリな動きで正直なところIEやChromeの方がいいじゃないの。

と思っている最中、今年中旬に公開されたWindows 10 Creators Updateを思い出した。

Edgeに多数の機能が追加されていると。

Microsoft atLife : Creators Update で Windows 10 はどう変わった?

ならば試しに入れてみよう。


Windows Updateを立ち上げて更新プログラムを行う。
するとCreators Updateの案内が表示されクリックする。
言われるがままに実行し環境チェックされインストール、再起動。

BIOS起動…..OK

OS起動………OK

ログイン……OK

順調…
ぱっと見はそうだった。

目的のEdgeは確かに軽くなり動作が安定している気がする。
他にCreators Updateを入れる前はタスクバー及びスタートメニューの反応が遅く悪かったが、それが改善され操作に苛立つことも少ない。

メモリーも実装分認識している。
オーディオも問題なし。

が、GPUに大問題

現在使用しているのがGeforce GTX 1080。
普段は3台のマルチディスプレイ。

それが、2台停止している(黒画面)。

デバイスマネージャー上ではエラーコード43
更に、アクションセンターにもGPUに問題ありオンボードグラフィックを使用すると通知が。

2017-12-16 (1)

さて…
最新ドライバがあるかチェック。
するとGeforce Experienceに更新プログラムがあったのでインストール、再起動。

が、これでも2台は表示されず。

困ったことにGeforce Experienceにインストールしたはずのバージョンが再び表示された。ホーム、ドライバー、通知、その他ボタン類は機能せず、更新プログラムの確認を実行すると常に検索する始末。Geforceのサイトから直接ダウンロードしても同じだった。

あんまり関係ないけれど、安価なオシロHantek 1008Aのアプリに出力される波形の動作が重くなっていた。関係あるのかな。(けれどアプリ自体win8までサポート)

GPUを使うグラフィック関係(ゲーム含む)のアプリも当然動作が重いので前のビルドに戻すことに。

GPU以外のBIOSやWindowsは最新のものにしているので動きからGeforce側に問題があるのだろうか…

あ、Edgeに溜めてたタブ全部消えた…